腰痛

腰ではなく、お尻から!?腰痛の本当の原因について解説します

三好 裕也

神奈川県藤沢市「MIYOSHI整体サロン」運営する理学療法士。 病院や整骨院で治らない重症度の高い症状で悩む方を支援。 頭痛・めまい、坐骨神経痛、膝の痛み、関節痛・こわばりの改善が主な専門。

こんにちは、みよし(@miyoyu34)です。

今回は、腰痛で悩まれている方に向けて、痛みの原因と解決策をお伝えしていきます。

[aside type="boader"]

  • 慢性的な腰痛で悩んでいる
  • 腰の下の方が痛い
  • 骨盤周りが痛い
  • 腰をマッサージしても良くならない

[/aside]

このようなことを考えている場合は参考にしてみて下さい^^

腰痛の原因は腰ではなく、お尻にある!?

多くの方は、自分の身体のどこからがお尻で、どこからが腰かがわからなくなっています。

ですから、僕の経験上、本当はお尻が痛くなっているのに、腰が痛いと思っている方が結構多いんです。

そして、慢性的な痛みになると、どこが痛いのかさえよくわからなくなっています。 腰を一生懸命マッサージしてもよくならないのは、お尻に原因があるのにそこをほぐしていないからというケースもよくあります。

腰痛と間違えやすいお尻の痛みのポイント

腰の痛みと間違えやすいポイントは、お尻の一番上の部分です。

ここが大殿筋というお尻の筋肉の付着部分なのですが、ここがとても硬くなりやすいんです!

腰の下の方が痛い、お尻の上の方が痛い気がする、という場合は、お尻の一番上の部分をほぐしてあげると痛みが改善される可能性が高いです。

実際、ここが硬くなっている人がとても多く、ここをほぐしてあげるとほとんどの方が楽になったとおっしゃります。 腿裏や足にシビレが出ている方もここをほぐすだけでシビレがなくなるほどの威力です。 ここの硬さに気づき、ほぐすことができれば、もっと多くの方が救われることと思います。

痛みを解消するマッサージ方法

痛みを解消するマッサージの方法は簡単です。

骨盤の一番上の部分の硬くなっているポイントをほぐすだけです。

骨盤の上のガチガチに硬くなった、骨のようになったところに触れてほぐしていきます。 硬くなったポイントに指を触れて5秒程度指圧して、離してを繰り返します。これを継続すると徐々に筋肉の硬さが取れてほぐれていきます。 柔らかくなると少しずつ痛みが軽減していきます。

  • この記事を書いた人

三好 裕也

神奈川県藤沢市「MIYOSHI整体サロン」運営する理学療法士。 病院や整骨院で治らない重症度の高い症状で悩む方を支援。 頭痛・めまい、坐骨神経痛、膝の痛み、関節痛・こわばりの改善が主な専門。

-腰痛