腰痛

デスクワークで辛い腰痛を解消するセルフマッサージのやり方

三好 裕也

神奈川県藤沢市「MIYOSHI整体サロン」運営する理学療法士。 病院や整骨院で治らない重症度の高い症状で悩む方を支援。 頭痛・めまい、坐骨神経痛、膝の痛み、関節痛・こわばりの改善が主な専門。

こんにちは、みよし(@miyoyu34)です。

今回は、デスクワークで辛い腰痛を解消するセルフマッサージのやり方を紹介します。

[aside type="boader"]

  • 毎日長時間のデスクワークで腰が重い、痛い
  • 座ってから立つ時に腰が痛む
  • 朝起きた時に腰が固まっている感覚がある
  • ギックリ腰を経験したことがある

[/aside]

当てはまる場合は、腰がガチガチに硬くなっていて痛みが出ている状態です。

今回紹介するセルフマッサージを行うことで、徐々に腰の筋肉がほぐれて普段の生活が楽になっていきますので試してみてください。

デスクワークで腰痛になる原因

なぜデスクワークを続けていると腰が痛くなるのか、はじめに説明しますね。

結論から言うと、同じ姿勢で居続けることが腰痛を起こすんです!

人間の体は動かさないと硬くなる性質があります。大袈裟な例を出すと、骨折してギプスで固定すると関節が硬くなりますよね。あれと同じで、体を動かさない時間が続くと筋肉が硬くなるんです。

デスクワークなんて、動かすの指先くらいですからね。長時間ギプスで固定しているのと変わらない状況なわけです。

1日だけならまだしも、それを1週間、1ヶ月、1年と続けていたらどんどん固まります。

そうやって数年経過した結果、ガチガチに固まってしまい、痛みが出てるんですね。

なので、蓄積された硬さを改善するようにセルフケアしていく必要があります。

デスクワークで辛い腰痛を解消するセルフマッサージ

セルフマッサージのやり方は簡単です。

ポイントは、

[aside type="boader"]

  • 痛みのない範囲で優しく刺激する
  • 硬いところは重点的にほぐす
  • 持続圧で10秒ほど指圧する

[/aside]

ここを意識すると、より筋肉がほぐれやすくなるので試してみてください。

主に腰痛の原因になっているポイントは、「脊柱起立筋」です。

脊柱起立筋は、背中から腰にかけてつながる大きな筋肉です。通常は腰を反らしたり、丸めたり、姿勢を保つときに働きます。

デスクワークをしていると、腰を動かさない状態が続くので脊柱起立筋に負担がかかり硬くなりやすくなります。硬くなった脊柱起立筋がほぐれていくことで症状が和らいでいきます。

ぜひ、試してみてください^^

それでは、また更新します!

  • この記事を書いた人

三好 裕也

神奈川県藤沢市「MIYOSHI整体サロン」運営する理学療法士。 病院や整骨院で治らない重症度の高い症状で悩む方を支援。 頭痛・めまい、坐骨神経痛、膝の痛み、関節痛・こわばりの改善が主な専門。

-腰痛