眼精疲労・目の疲れ

【効果絶大】脳疲労・眼精疲労・無気力を一瞬で解消するセルフマッサージ法【パフォーマンスアップ】

三好 裕也

神奈川県藤沢市「MIYOSHI整体サロン」運営する理学療法士。 病院や整骨院で治らない重症度の高い症状で悩む方を支援。 頭痛・めまい、坐骨神経痛、膝の痛み、関節痛・こわばりの改善が主な専門。

こんにちは、MIYOSHI整体サロンの三好(SNS一覧はこちら)です。

今回は、脳疲労、眼精疲労を解消し、

仕事のパフォーマンスを爆上げするセルフマッサージのやり方を紹介します。

  • 脳疲労、眼精疲労が蓄積している
  • 最近疲れが取れにくい
  • 仕事への集中力が低下している
  • 眠りが浅く、熟睡できない

こんなことを感じている場合は、今回のセルフケアを実践していただけると、

疲労回復速度が上がり、毎日元気に活動できるようになりますので、

ぜひ試してみてください。

脳疲労、眼精疲労の原因

脳疲労の原因は、主にデスクワークやスマホ操作によって、

カラダを使わずに脳ばかり酷使することによって神経系に疲労が蓄積することにあります。

デスクワーク中は手先以外を動かさないため、

首肩や背中、腰、足、顔、頭などカラダ全体が固まりやすい状態になります。

この状態が続くとカラダの筋肉が固まり、血流が悪くなり

酸素や栄養がカラダに行き渡りにくくなります。

酸素や栄養が不足することで疲労が蓄積しやすい状態になります。

このため、脳疲労が蓄積しにくい状態にするためには、

睡眠や瞑想で神経系の回復を促進することと併せ、

固まった筋肉をほぐして血流を改善することが重要です。

脳疲労・眼精疲労の原因となる筋肉

  • 眼輪筋
  • 後頭下筋
  • 前頭筋、帽状腱膜
  • 側頭筋
  • 後頭筋
  • 僧帽筋

主に、頭、首、肩周りの筋肉が硬くなることによって、

筋肉や脳への血流が悪くなり、疲労しやすい状態になります。

これらの筋肉を緩め、血流を改善することによって、

頭、首、肩周りのだるさ、重さ、締め付け感などが解消されます。

さらに、脳への血流が改善することで、神経系の回復が促進され、脳疲労を解消する効果が期待できます。

【動画】脳疲労、眼精疲労解消セルフマッサージ

  • 眼輪筋のマッサージ
  • 前頭筋、帽状腱膜のマッサージ
  • 側頭筋のマッサージ
  • 後頭下筋のマッサージ

特に効果の高いものをまとめて動画で紹介します。

最後に

今回紹介した目の周りやおでこ周りの筋肉をほぐしてあげると、慢性的な疲労が回復しやすくなります。

ぜひ試してみてください。

MIYOSHI整体サロンでは、眼精疲労、慢性疲労、頭痛、めまいなどの症状を解消する施術を行っております。

慢性的な症状でお悩みの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

  • この記事を書いた人

三好 裕也

神奈川県藤沢市「MIYOSHI整体サロン」運営する理学療法士。 病院や整骨院で治らない重症度の高い症状で悩む方を支援。 頭痛・めまい、坐骨神経痛、膝の痛み、関節痛・こわばりの改善が主な専門。

-眼精疲労・目の疲れ
-,